「ひたむきに努力する」姿勢を身につけ、志望校合格へ。

進学塾ブラウンの基本方針

学習習慣を確立し、しっかりとした基礎力の定着をはかります。

「進学塾ブラウン」は、地元の公立中学校に通い、クラブ活動と両立しながら、大学受験まで見すえた高い学力を得ることを目標にします。そのために「学習習慣の確立」と「基礎力の定着」を徹底的に叩き込みます。勉強は「やらされる」のではなく、自分ですすんで「やれる」ようにならないと学力の向上ははかれません。生徒自身が自分ですすんで「やれる」ようにサポートする、その労力を「進学塾ブラウン」は惜しみません。

イメージ写真

「ひたむきに努力する」姿勢を育てる

○○高校合格以上に大切なもの、それは自ら目標を設定し、目標に向かって「ひたむきに努力」した経験であると考えています。自分の意地とプライドをかけて、ひたむきに努力する、そんな生徒たちを精一杯応援し、一緒に喜びを分かちあえるような強い絆を築き上げたいと思っています。

万全の定期試験対策

地域密着のメリットを最大限に生かし、万全の定期試験対策を行います。
定期試験にどう取り組むかは、「緻密な学習計画」や「粘り強い実行力」を必要とするため、生徒が成長するうえで大切な「学習する力」を獲得する絶好の機会です。
「進学塾ブラウン」では、しっかりと定期試験対策を実施し、生徒の「学習する力」を最大限に引き伸ばします。定期試験の「できた!」という成功の積み重ねが、大きな成果につながっていきます。
「進学塾ブラウン」では、定期試験2週間前から日曜日も教室を自学自習用に開放しています。もちろん、5教科の試験対策日曜講座も実施します。

イメージ写真

進学塾ブラウンのこだわり

質の高い、楽しい授業

「えっ、もう終わり?この授業、時間が短く感じたなあ。」授業をする者にとって、この言葉ほど授業讃美の言葉はありません。こういう授業を「進学塾ブラウン」の教師は目指します。

1クラス20名以内

「進学塾ブラウン」では、1クラスの生徒を20名以内に限定しています。
それは「20名以内」が教師がしっかりと一人ひとりを見つめることができ、なおかつ、教室の中に「頑張る雰囲気」を創り出すのに最適な人数設定だと考えるからです。

わからないことは即解決、「質問スペース」の設置

教室配置にもこだわりました。生徒が教室に来る時、私たちは生徒たちのその日の表情を職員室内から見ることができるようにしてあります。
職員室は常にオープンスペース。生徒が授業前はもちろん、授業後、授業のない日でも気軽に質問ができる「質問スペース」を用意してあります。

授業形態は、あくまでも集団授業、フォローは個人指導

「進学塾ブラウン」は集団授業の形態にこだわります。
集団授業は、個別授業よりもペースが乱れにくく、生徒たちはまわりのライバルから刺激を受けて、飛躍的な学力向上が見込まれるからです。
また、現役大学生・大学院生のチューターが授業で不明だった点や受験の悩みをフォローします。

大学進学まで見すえた学習指導〜教育アドバイザー制度〜

「進学塾ブラウン」では、授業担当の教師が生徒や保護者と面談をするのはもちろんのこと、進路指導に関することは、常に「生きた情報」を集めている教育アドバイザーが、将来の大学進学を見据えつつ、生徒はもちろんのこと保護者のあらゆる相談に対しても、親身になって相談に乗ります。